焼き鳥の種類|居酒屋どん

焼鳥居酒屋どんトップ > 焼き鳥うんちく学 > 焼き鳥の種類

焼き鳥の種類

やきとりの種類

【もも】

足のつけ根から先の部分の肉。肉質は胸肉よりやや硬めでコクのある味。最もポピュラーで人気が高い。

【ねぎま】

もも肉や胸肉(どんでは、もも肉)とねぎを交互に挟んだもの。
もともとは、ねぎとマグロの事を言ったものを、マグロの代用品として鶏肉を使ったことから。ハサミ、鳥ねぎとも。

【つくね】

ミンチ状の鳥肉と様々な具材、薬味を混ぜて練り上げたもの。

どんのつくねは、とびきり柔らかくて美味しいよ

【ささみ】

胸肉の内側の部位。笹の葉に形が似ていることから。さっぱりした味わい。

どんでは、梅じそささみ、ささみチーズがおすすめ!

【手羽先】

羽の先端部分。ゼラチン質が多く、コクのある味わい。塩焼きに限る!

【ぼんちり】

しっぽの部分の肉。脂たっぷりで美味しい!ぼんぼち、ぼんじりとも。

【かわ】

もも、胸、首の部分の皮。(どんでは首の皮だけを使用)カリッとした食感。

【レバー】

肝臓部分。タレ焼きの方がポピュラーだが、鮮度の良いものは、塩がおすすめ。きも、レバとも。

【はつ】

心臓。ハツはハートが転化したもの。コリッとした歯ごたえと柔らかさの両方が楽しめます。こころとも。

【砂肝】

鳥の胃袋の一部で、「砂のう」と言われる部分。コリコリした食感で、クセがない味。ズリ、スナズリとも。

【ひざ軟骨】

鳥のヒザ部分の軟骨。コリコリ感がたまらない。

【やげん】

鳥の胸の軟骨。硬くて歯ごたえが良い。

その他、玉ひも(卵になる前の黄身と輸卵管)やトサカなどの珍しいメニューもあります。

豚串の種類

【かしら】

豚の頭や頬肉、こめかみのお肉。どんのかしらは、こめかみ肉を使っています。柔らかくて美味しいよ!

【シロ】

シロモツとも。通常、肝臓や心臓などを「赤モツ」、胃や腸などを「白モツ」と呼ぶ。どんでは大腸を使っています。

お席・ご宴会のご予約、お問合せはお気軽に!心よりお待ちしています!

やきとり居酒屋どんマスターやきとり居酒屋どん・店長のまーくんです!どんのホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます!

どんでは、毎日、新鮮なお肉を1本1本手刺しして仕込んだ美味しい焼き鳥をご提供しています。ぜひ、一度食べにいらしてください。

小さなお店なので、ご来店の際はご予約をいただけると幸いです。ご予約をご希望の方は、お気軽に下記までお電話ください。

お問合せ電話番号 04−7159−9225
受付時間17:00〜24:00(毎週日曜定休、他不定休がございます)

また、当店では、ラッキークーポンをご用意しています。ご来店の際、プリントしてご持参いただき、スタッフにご提示いただくと、お得な特典を受けていただけます。ぜひご利用ください!

ラッキークーポンはこちら!

それでは、どんでお会い出来る事を楽しみにお待ちしております!


ネットからのご予約は今すぐこちらのボタンをクリック!

ご予約お問合せフォーム

 



いいね!ボタンのクリックで、応援をお願いします!

どんのFACE BOOKページ
RSS表示パーツ

焼き鳥居酒屋どんブログ
どん店長・まーくん

こんにちは!やきとり居酒屋どん・店長のまぁーくんこと、田中誠浩です。

どんは、美味しい焼鳥と料理でお酒を飲みながら、ワイワイ楽しめるお店です。まずはぜひ一度お越しください!
店長ごあいさつ
ツイッター

当店のことが雑誌や情報紙等に掲載されました! 詳しくはこちら
お知らせ

当店では、ラッキークーポンや、法人会員など、お得な制度をたくさんご用意しています。

詳しくはこちら